ZEHについて

新栄住宅株式会社は、2020年度 ZEH住宅受託率50%を目指します。

新栄住宅株式会社 ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み
政府のエネルギー計画では、2020年までにZEHを標準的な住宅にすることを目標としています。新栄住宅株式会社では、ZEHの普及に努め、2020年までの目標を以下のとおり設定しました。

具体的なZEN普及策

  1. ZEHの周知・普及に向けた具体策
    周辺地域にZEH住宅の完成見学会を定期的に開催し、ZEHとZEH以外の住宅の性能を説明や体感で違いを知っていただくとともに、ZEH住宅に住むことのメリットを説明する。
  2. ZEHのコストダウンに向けた具体策
    基本計画段階で極力コンパクトな設計を心がけ、方位・敷地・開口部の一を把握し太陽光、太陽熱、風を活用した設計に重点を置く。自然エネルギーを活用したプラン(パッシブデザイン)を提案し、仕様的なコストダウンを図る。
  3. その他の取り組みなど
    全棟で気密測定をし、隙間相当面積C値1.0以下の住宅を供給する。各種研修会への積極的な参加。

今後の普及目標(年度)

2018年度 ZEH受託率 25%     2019年度 ZEH受託率 35%     2020年度 ZEH受託率 50%

実績(年間建築総数)

※2016年度 年間建築総数0件     ※2017年度 年間建築総数5件